FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混浴温泉 Vol.01

2015年のGWころだったでしょうか。

天気が良いこともあり、群馬県にある混浴温泉へ行きました。

本当は、百穴へ行きたかったのですが、運悪くすでに閉鎖されていて行くことが出来ず。。。

まあ、いきなり百穴いったら、かなり引いてしまったかもしれませんね。

で、真面目な意味で、人前で肌を晒す予行演習として混浴へ。

私自身はあまり温泉は好きではないのですがね(苦笑)

行く前までは、はるひも相当嫌がっており、

「わたしなんかの躰を見たら殿方に申し訳ない!!」

「こんなババアの躰を見たところで、なんの足しにもならない!!」

挙句の果てには、

「夫と医者以外に裸体を晒すなんて、普通あり得ないよぉ~!!」

わめくは嫌がるはで大変でした(苦笑)

「わたしなんかのようなおばちゃんの躰なんて、金貰ったって見たいとは思わないよぉ、きっと。。。」

車の中でぶつくさ呟くはるひでした。

「まあ、爺さんしかいなければ、彼らの元気の活力になれば良しとすればイイじゃん」

そう諭し、到着したのがお昼前。

haruhi0012.jpeg


※このブログには画像はありません
最初に訪問したのは、群馬県にある法師温泉という有名な混浴。

混浴というのは、露店風呂より室内の温泉の方が、羞恥心が大きいのかもしれません。

はるひにとっては、かなりハードルが高い。

更衣室が男女別だったのが、救いだったようです。

ただ、温泉にはタオルは入れてはいけないので、いざ入るときは、タオルをばっさりと取り去り、素っ裸状態。

人生初の、公衆での全裸です。

ただ、意外にも堂々としていて、逆に私が関心してしまったほど。

温泉には若い男性はおらず、同年代が数名、そしてお年寄りがほとんどでしたので、あまり羞恥心がなかったのかな。。。。

ただ、お湯は熱いので、温泉の外に出て涼むときは、タオルをかけてもチラチラと胸が見えてしまい、近くにいた40代の男性に声を掛けられたりしていました。

彼の目線は、確実にはるひの乳首へターゲット(笑)

「もっと見ろよ見ろよ」

と心で呟く私。

しばらくして、かなりぽっちゃりな女性を連れたカップルが入ってきて、はるひは彼女に話しかけて二人で談笑してました。

2時間くらい温泉にいたでしょうか、私も限界に達してしまい、温泉を出ることに。

はじめての混浴でしたが、まずは何事もなく、いや、むしろ堂々としていたはるひに感服しました(笑)

女って、強いですよねいざとなったら。

男の方が、恥ずかしいくらいですからね。

また気が向いたら、温泉へ行こうかと思います。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

COMMENT - 2

じいさん  2016, 03. 15 [Tue] 00:43

なるほどね~
一年前から、いろいろと訓練されていたんですね。
一年経過し、いよいよ花咲く季節になりましたね(^^)v

Edit | Reply | 

ゆう♂  2016, 03. 21 [Mon] 23:11

To じいさんさん

まずは混浴あたりからスタートしてみようかと思いました。

この温泉、ワニがほぼいないのでありがたかったですね。

ワニがいればいればで楽しいのですが、まだ彼女にはハードルが高すぎたでしょうから(苦笑)

本当に良い温泉で疲れが癒されます。

ただ、熱いので長風呂はできませんが。。。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。