FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌーディストビーチ2015  Vol.01

混浴温泉も嫌いではないですが、温泉の良さというのが私には実感できず、毎年夏、ビーチへと繰り出します。

個人的には、混浴で女性の裸を見るよりも、ビーチでビキニを眺めていたほうが楽しいし(笑)

自分の彼女がジロジロ視姦されるのは、混浴もビーチも嬉しさは変わりませんが。

昨年の夏、はるひとはじめて一緒に旅行へ行きました。

南の島としておきましょう。

(具体的な地名が出せずゴメンナサイ)

事前にはるひには『ビーチへ行ったらヌーディスト』と伝えていたので、ネットでちょっぴり過激なビキニをゲット。

若い頃はマイクロビキニが好きでしたが、最近はお尻の部分が半分隠れる程度のビキニが私はお気に入り。

こんな感じです。

haruhi0025.jpg

普段はビキニなんて絶対に着ない雰囲気を持つアラフォーの女性が、普通のビキニより過激なビキニを着て、あまつさえ日焼けしてし真っ黒になってしまうという、非日常な現実に、たまらなく興奮を覚えてしまいます。

誰もいないビーチ。

ググって探すだけでは難しい。

実際に、現地の方などからヒアリングしないと、場所も環境もわかりません。

普段の東京では想像でしかないものの、実際のその場へ訪れることの歓び。

そして、隣には愛しのはるひが、私好みのビキニを着て、楽しんでいる。

この幸せを、私は手元のカメラに注入します。

haruhi0027.jpg

haruhi0001.jpg

美しい自然の中での、男女二人。

身に着けるものは最低限。

けれども、結局最後にはすべてを取り払い、お互いに裸になってしまいます。

真夏の南の島のバカンスが、これから数日間にわたって繰り広げられます。

(具体的な地名が出せずゴメンナサイ)

お互いに既婚であるにも関わらず、比較的長期のバケーション。

誰もいないビーチへ繰り出し、いざはるひを脱がせると、思いのほか嫌がりません。

嫌がるとすれば、面積の少ないビキニを着ることよりも、日焼けの心配の方が強いくらい。

けれども、南の島へ行く準備として、日サロへ週2で通っておいたせいか、下地はできています。

着いた当初は、知人のシュノーケルツアーに参加。

他カップルがいなかったら全裸で泳げたのですが、残念ながら別カップルが一組いたので実現できず。。

ただ、真面目な意味でこの島の海はグレートバリアリーフよりも美しく、そして澄んでいます。
(私自身、過去Queenslandに住んでいたことがあるので、比較するのは容易です)

彼女もシュノーケリングはまんざらでもなさそう☆

haruhi0028.jpg

haruhi0029.jpg

本来、私はダイバーなのですが、今回の旅行では一切ダイビングはする予定はありません。

※学生時代、オーストラリアでツアコンをしていて、新婚旅行で来ているのにも関わらず、新郎はとっととダイビングやジェットスキーをし、奥様は一人街中を散策したりホテルに困ったりしているのを散々見てきましたからね(笑)成田離婚が流行ったのも当然です。。。

ダイビングも楽しいし好きですが、やはりせっかくはるひと南の島へ来たのですから、二人で時間と空間を楽しみたいという想いの方が、強くなります。

初日はほぼほぼ真面目に南の島を観光し、美しい海を潜り、そして美味な食事を堪能して一日が終わりました。
スポンサーサイト
[PR]

COMMENT - 1

じいさん  2016, 04. 02 [Sat] 12:48

夏が待ち遠しいですね!

1、2枚目のビキニは超セクシーですね。
日焼けした素敵な身体と小さい布のコンビネーションは興奮しちゃいます。

ビーチで周辺の男性にガン見されるのも楽しく、興奮しちゃいます!

今年の夏用水着も検討中だったりしてますね??(笑)
はるひさんの素敵なお身体ですから、超ハイレグ水着のスケスケタイプ!なんていうのもお似合いかもですね。。!

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。